ひとてま

フローリングに横たわる日々

アームカットにOD、生きてます


f:id:hitototema:20170823161130j:image

こんにちは、小石です。

仕事もちょくちょくと進めれるように前進したかと思えば、急にうつ、パニックに陥り腕を包丁で切ったり、家中の薬という薬を飲みまくって吐いたりしながらも生きてます。

 

親の「あなたがどんな状態であれ、生きててくれるだけで嬉しい」という言葉に救われ、仲間の「調子悪いときはいつでも相談してな」という言葉、病院の先生の「一緒に治して行きましょう」という周りからの温かい言葉に日々救われています。

 

前まで自分以外全部敵と思い込んでいたのが嘘のようです。わたしの周りは優しい人で溢れかえってました。

 

この気付きで前より〈死にたいながらも生きていこう〉と強く思います。とくに〈生きていこう〉と。 

 

アムカやODするときはどうしても〈自分に罰を与えないといけない〉という感情に流されがちですが、今行っているDBT のメソッドに従い、なるべく別の事に気を紛らわせる練習をしています。DBT で習ってる苦悩耐性スキルは私にとってとてもためになったので、またブログに書いて共有できたらなぁと思います。 

画像は最近描いたイラストです。いつかイラストと刺繍でイベント出るのがも最近の目標です。

 

他にも色々描いてるてTwitterにアップしてるので良かったら見てやってください。ツイートはマイナスな事多めですが…💦

https://twitter.com/koishi_s1

 

うつの治療にマインドフルネスを取り入れ始めました


f:id:hitototema:20170719064245j:image

最近うつ病の治療の一環として、弁証法的行動療法(DBT)でマインドフルネスを取り入れました。

プログラムは週一の集団療法と、また週一の個人カウンセリングで、12月の終わりまでの約半年間通います。

 

つい先日、その第一回目のプログラムに参加してきました。

参加している人の人数は私を入れて7人で、それに医師、看護師、心理士ら作業療法士の4名が担当してくれます。

 

内容は簡単なオリエンテーションから始まり、各自1分間の自己紹介、マインドフルネスの簡単な説明、呼吸でのマインドフルネスの実践、そしてその時に感じたこと思ったことなどの発表でした。

呼吸のマインドフルネスは半目でボーッとしつつ3分間程、鼻で呼吸するというもの。

その間、頭のなかで考えたことは横に置いていくというか、あまり考えないように呼吸だけに集中できるようにするということでした。

 初日ということで私は終始緊張しぱなしで、肩に力が入り殆んど集中できなかったです。笑

そして、宿題として、この呼吸を毎日して、その時感じたこと、考えたこと、イメージなどを書き出す。というシートを渡されました。 

もう3日程しているのですがだんだんリラックスしてできるようになってきました。

 

まだ始まったばかりで効果はわからないんですが、これをきっかけに生きやすくなりたいです。

 画像は最近刺した夏っぽい刺繍です。

死にたくなりながらも生きてます


f:id:hitototema:20170715090641j:image

先日母とケンカして大泣きしてそのまま窓から飛び降りようとし、母親に引き留められる。というイベントが発生しましたが、結局今日も生きてます。

生きてるって死ぬタイミングを逃しちゃっただけなんだなぁって最近考えてしまいます。

これからもタイミング逃しながらしぶとくのうのうと生きていくのが一番なんだろうけど、もしかしたらそのタイミングが来てしまうかもしれない。みんなそんな感じたりなんだろうなぁって。

 

つい一年前に生まれた姪が、いつの間にか赤ちゃんから子供になってて、こないだまで寝てるか泣いてるかだった赤子だったのに、今では立って歩いて私の名前を呼んでくれるようになりました。姪っ子は目にいれても痛くないぐらいに可愛いので幸せに、うつ病になんて無縁な愛のある世界で育って欲しい。そしてその世界のために少しでも貢献できたらと思います。

 

画像は先日作った青いお花の刺繍。小さくて可愛いです。玄関に飾ってます。

自律神経が整ってきた!そんなわたしが試した10のこと


f:id:hitototema:20170706220431j:image
 

この一年をかけて自律神経が整わせるために色々試してきて、最近やっと夜は眠れるように(薬は飲むけど)、そわそわと落ち着きがない時間が減りましたし、朝もキチンと起きれています。1日に活動できる時間も確実に増えています。

 

そんな私が色々試した中で効果があったな。というものを紹介したいと思います。

 

01、何もしない時間をつくる

これは、始めは難しいかも知れませんが、ただただぼーっと過ごすだけでいいです。部屋の窓を開けて遠くの緑と雲の流れをひたすら見ながら日光浴。ノンカフェインのルイボスティーを飲みながら優雅に贅沢に時間を過ごしてみましょう。

 

02、首と肩のマッサージをする

マッサージに行くのが一番いいのですが、なかなかこの時期は他人とのコミュニケーションが嫌な時期だとおもいます。なので自分でマッサージできるお手頃なアイテムを使ってみたり、家族などに頼んで揉んでもらいましょう。これだけでかなり身体が軽く感じたりします。

 
f:id:hitototema:20170710205156j:image

ダイソーで買ったこのゴムを頭の上でゆっくり開いたり閉じたりすると、肩甲骨がほぐれる感じがしてオススメです

 

03、できる時に散歩をしてみる

毎日絶対この時間に散歩!とスケジュールに組み込んでしまうと逆に自分を追い詰めてしまうことになります。なので、できるとき、やりたいと思える時に外の空気を吸いに散歩に出てみてください。女性ならノーメイクだと外に出れない!って方もいると思います。そんな時は最低限のメイク、日焼け止め+コンシーラーで肌のトーンを整えるだけで外に出てみましょう。一度出てしまえば結構ほぼノーメイクに慣れるものです。

 

04、病院から出た薬はキチンと飲む

自分の判断で勝手に薬をやめない。決められた以上の量の薬を勝手に飲まないでください。ODしたくなることも私もありましたし、規定以上の薬を飲んだこともあります。苦しい時はどうしても薬に頼ってしまいますが、どうか決められた分量だけ飲んでください。

 

05、家族とコミュニケーションをとる

自分がしんどい時にはしんどいと、疲れてる時は疲れてるとキチンと伝えて、協力を仰いでください。これだけで家族からのバックアップが受けられやすくなります。自分だけで抱え込まない。それが大切です。

 

06、たまに温泉やスーパー銭湯にいってみる

少し前に交互浴がバズってましたので実際にやってみたのですが、程よく疲れて良いです。またサウナなどで身体を温めて、水分補給をしながら汗を沢山流しましょう。岩盤浴もおすすめです。月に一回でもいいのでゆったり外で大きなお風呂でリフレッシュすると充足感が得られます。

 

07、やりたいと思ってたことに挑戦してみる

これはかなり回復してきた頃になりますが、無理のない範囲で趣味に挑戦してみてください。たった10分でもいいです。そしてその10分でも自分を褒めてあげて下さい。

 

08、朝ごはんをキチンと食べる

朝起きるのがツラいと思いますが、毎日なるべく決まった時間に起きてみましょう。それから朝ごはんを食べたら、あとは二度寝しても構いません。一度起きてみるということが大切です。

 

09、ペットがいるならお世話をしてみる

私は犬を飼っています。2匹いるのですが毛の手入れが大変で毎日ブラッシングをしています。ブラッシングしてるときや犬と遊んでいる時は本当に癒されます。お世話はやっぱり大変ですが、この分愛情が返ってきます。幸せそうな犬を見ていると私も幸せを感じます。

 

10、自分の事を大切にする

疲れたら休む、嫌な事はなるべくやらないを徹底して下さい。無理をしないのが一番大切です。自分は世界で1人だけです。まず自分から大切にしてやってください。

 

 

ここ最近の近況報告


f:id:hitototema:20170704215205j:image

 

今年もあと半年を切り、日々の流れの速さに恐怖してます。

最近は体調もだいぶよくなり、ソーイング教室に通い始めたり、イラストを描き始めたり、新しい事に挑戦できて新鮮な気分です。

 

また仕事も再開しました。

まだまだちょっとしたバナーを作ったりLPの手直しや画像の処理などですが、日々PCの前に座っていられる時間が延びてきて自分の進歩を感じます。

しかし、ここでまた無理してしまうとうつ病が酷くなるのに舞い戻ってしまうので、〈できる時にできる範囲でやる〉〈背伸びをしない〉〈人と自分を比べない〉を大事にしていきたいと思います。

確実に日々進歩しているので、私は大丈夫。

 

今月から弁証法的行動療法(DBT)のプログラムを週に1~2回、半年間参加することになりました。これからもっと生きやすくなれるよう努力していきたいと思います。

手作りの服が着たい!なので洋裁教室に通います。

こんにちは、小石です!久しぶりの更新です。

 

この2ヶ月程、体調が良くなったり悪くなったりを繰り返してました。でも全体的にいえば圧倒的に身体が動くようになってきたので、うつ病も少しは治ってきたのかも。(リターンが怖いですが…)

最近またWebデザインのお仕事をちょこちょこやっています。お仕事くれる仲間に感謝です…!

 

ところで、タイトルにも書いた通り、洋裁教室(ソーイング教室)に通い始めました!

理由は前から自分が作った服が着たいと興味があったのと、一歳の姪っ子の洋服が作れるようになりたいからです。

 

私は手芸が割りと好きな方なのですが、服ってどうしても敷居が高くてなかなか独学では身に付かないイメージ。

そんな時に、よく行く手芸屋さんで洋裁体験をしていると店舗で知り、早速予約。

体験で1着を仕上げ、そのまま入会しました。

↓体験で作った服、一時間ちょっとで出来ました!
f:id:hitototema:20170607164316j:image

 

入会金は5000円程だったのですが、半額キャンペーンとのことで半額でお得に!お月謝は毎月3000円ちょっとです。なので割安かな~なんて思ってたのですが、ここから材料費も必要になるので毎月だいたい10000~15000円程かかりそうです。稼がなきゃ…!!!

布って高いんですね…勉強になりました…

 

そして、今日作ったもの↓
f:id:hitototema:20170607164359j:image

 

頑張って姪っ子とお揃いの服が着れるよう、勉強します~!

工場での派遣仕事を体験して思ったこと

こんにちは、小石です。

 

私は今年の1月~3月いっぱいまで派遣で工場で働いていました。

そこで、色々とカルチャーショックというかびっくりした事や学んだこと、大切だと再確認できたことが沢山あったので、忘れないように記事にしたいと思います。

 

・〈挨拶は大切〉っていうのは人と環境による

子供のころから挨拶はマナーだと教えられ育ってきましたし、正社員をしていた頃もみんな当たり前に挨拶を交わしていました。

しかし、派遣先の工場では若い子(20代)が中心だからか〈挨拶する人=格下〉として位置付けされます。挨拶はマナーでないです。弱いやつが強いやつに媚びる行為でした。

なので挨拶は上司やリーダー、自分のラインの両隣の人など限られた人にするようにしました。

 

・〈誰でもできる仕事〉は誰でもできるわけではない

よく求人に、「誰でもできる簡単なお仕事!」っていうものがあります。今回わたしが派遣先でしていた仕事もその類いでした。

しかし、それってずっと同じ作業、同じ動きを延々と8時間繰り返すんですね。集中力は切らさずに。集中力が続いている時はいいのですが、切れた時は地獄です。時間が経つのが遅い遅い…。

集中力が続かない人、単調な作業の中で楽しみを見つけられない人にはできない仕事だと思いました。

私は頭の中でひたすら好きな曲をBGMとして流してました。特にお気に入りは平沢進です。なんか無我の境地って感じで集中力がグンッとアップしました。オススメです。

 

・〈人間関係〉が複雑

誰でもできる仕事は誰でもできるわけではない。にも含まれるのですが、どんな職場でも人間関係、コミュニケーションが必須です。

派遣先雇われる前に工場見学があり、そこで上司の方が「うちは人間関係が良くって働きやすい」って言っていましたが嘘でした。初日から挨拶は無視、タメ口です。私は初対面の人とは敬語でしか話せないので、かなりストレスでした。あと派閥というかグループがいくつか存在していて、互いに嫌いあってるようでした。私はボッチでどこにも所属しなかったので巻き込まれなくて良かったです。

そんな中でコミュニケーションを取るのに効果的だったのが、〈名前を覚える〉事でした。「すみません!~を教えて下さい」と言うのと「○○さん、~教えて下さい」と名前を言うのではみんな態度が違いました。後者の方が明らかに丁寧に優しく接してくれます。

 

結局、うつ病が悪化して3ヶ月しか働けなかったのですが、人との距離の取り方や働き方、コミュニケーションなど色々と社会勉強になりました。

今はまだうつ病を治すことに専念していますが、もし次にまた派遣で働ける機会があれば、今回のことを参考にして元気に働きたいと思います。